江戸時代 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/12/13 18:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
琉次郎さん
  • 情報提供町方与力同心の給与(前)与力篇 江戸雑記録琉次郎さんのプロフィール
  •  町方与力の給与は地方(じかた。土地=知行所・給知による給与方式)ではありましたが、誰某に何処といったような銘々の知行分はなく、一人二百石宛五十人で一万石の給知を上総・下総両国のうちに、大繩(一括)で与えられていました。 享保四(1719)年、中町奉行の坪内能登守が御役御免になると、町奉行は従前の二人制に復し、与力の定員も南北各組二十五騎(両組あわせて五十騎)となり、幕末まで続きます。文政十一(1828)

2位
kanotomiuozarainenkokidesuさん
  • 情報提供ヨイショッと、一八でがんす 人呼んで筍医者 田杉白玄kanotomiuozarainenkokidesuさんのプロフィール
  • 江戸は連帯責任社会です。放蕩息子がとんでもない事をしでかすと、家族はもとより、親戚縁者まで、一族郎党処罰を受けてしまう。だから、親は子が何かをしでかす前に勘当して縁を切るのです。「太鼓持ち上げての末の太鼓持ち」これは親の金を湯水の様に使っていた大店の馬鹿若旦那が親から勘当を受け、食うに困ったあげく、遊んで覚えたお座敷遊びなら、自分でも出来ると、幇間、俗に言う太鼓持ちになった事です。「先生、ちょっ
更新時刻:17/12/13 18:30現在