地方・郷土史 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/04/21 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
sugikanさん

2位
sugikanさん
  • 情報提供「あなたと読む恋の歌百首」〜俵万智著 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  • あ〜、良いですね。「恋の歌」。昔の貴族の方は暇なので、異性を口説くべく、恋の和歌を、日長一日作っていたとか。「しのぶれど色に出でにけりわが恋はものや思うと人の問ふまで」「千早(ちはや)ふる 神代(かみよ)もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは」すらすら出ていますね。ちなみに、千早ふる・・・の歌は、昔、龍田川という相撲取りがいて、出世するまで女色を避け・・・・と言うのは、落語の話で、お間違いのな

3位
古文書たのしいさん
  • 情報提供慶安御触書17 作物作りのコツ 現代語訳してみた古文書たのしいさんのプロフィール
  • 一 作物を上手に作る人に聞いて、その田畑にふさわしい種を蒔くように毎年心がけなさい。補足:作るとき湿度が必要なもの、湿度を嫌うものがある。耕作を工夫すれば低ランクの田でも高ランクの出来になります。一 所によりますが、麦田になりそうな所を少しでも選びなさい。後々麦田になれば大きなもうけになり、村中で麦田を作れば隣村の評判もよくなります。上手な人に聞く。場所を選ぶ。当たり前といえば当たり前ですが、
4位 若狭坊さん
  • 情報提供和の空間 若狭坊のまちづくり日記若狭坊さんのプロフィール
  • 金曜日は某文化財建造物を一人でクリーニング。急に注目が集まるかも…なので。10年ばかり非公開でひどいことに。狩野派の襖絵はカビだらけ。上の写真は、右がクリーニング済みで左はカビママ。下の絵は左がクリーニング済み。一応文化財専門家なので、しっかり絵を守りながら作業。クリーニング後はお殿様をお迎えした空間が復活です。2階には月見専門の「月見の間」もあります♪ただ若狭坊の力でなんともならんのが庭です。これ
5位 森田高尚さん
  • 情報提供知多市岡田の里山散策路 中部の「土木文化」見てある記森田高尚さんのプロフィール
  •  愛知県では、平成21年から 「あいち森と緑づくり税」 が導入されている。森や緑は、空気の浄化や景観形成など、様々な働きにより人々の暮らしを支えている。ところが近年の都市化や開発により、森や緑の荒廃や減少が著しく進んでいる。将来に向けて樹林を健全な状態で引き継いでいこうとの考えから、この財源を使って様々な事業が行なわれるようになった。 里山整備もその一環で、民有林や寺社の境内林などを活用して、散策園
6位 ひょうすんぼさん
  • 情報提供民俗学と郷土研究 ひょうすんぼひょうすんぼさんのプロフィール
  •  恐らく郷土研究を行っている人は江戸時代からいたであろうが、流行を見せたのは1930年代に入ってからである。国家主導のもと郷土愛を育み、愛国心を育てるために推し進められた。 そういった地方の郷土史家達の研究をまとめあげたのが、民俗学者の柳田国男である。「日本伝説名彙」として辞書的に各地の伝承をまとめあげ、比較することを可能とした。 しかしこうした柳田を中心とした民俗学は柳田の死とともに衰退し、現
7位 トロロヅキさん
  • 情報提供出雲・鰐淵寺の石垣特集その1〜算木積み的な何か〜 安芸の夜長の暇語りトロロヅキさんのプロフィール
  • 毛利元就の肖像画はいくつかありますが、その中でも一番古く、かつ依頼主が元就本人の肖像画が鰐淵寺のものです。鰐淵寺の元就さんの肖像画は白ひげでふくよかめに描かれたもの。一方で息子の隆元が注文した元就さんの肖像画をみると顎は細く、髪も黒々としています。2枚とも寿像。生きている間に描かれたのに何故このように違うのか。肖像画は一度描いたら注文者にみてもらい、色々と直して完成させていたので注文者本人の意向が
8位 sugikanさん
  • 情報提供2018「吾妻はたあげ大会」 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  •     (「長崎古今集覧名勝図絵」より〜長崎文献社刊)長崎の人間はホントに、はたあげが好きですね。上の図は、江戸時代の金比羅山での風景ですが、酒なんか飲んで楽しんでいる方もあるようで、まさに花見。毎年、愛野町と吾妻町で、はたの保存会の方が、1週間ずらして、はたあげ大会を実施しています。愛野町の方には行けなかったので、吾妻町の方に、お邪魔をしましたが、長崎の愛好会の方なども参加していたとか。 こちら
9位 古文書たのしいさん
  • 情報提供慶安御触書14 暮らしを楽にするために 現代語訳してみた古文書たのしいさんのプロフィール
  • 一 少しは商売の心得を持ち、暮らしが上向くようにしなさい。なぜなら、年貢のために雑穀を売買するにしても、商売の心得がないと人に出遅れてしまうからです。村で取れた作物を売ることはある程度認められていたようです。そのとき商売の心得がなくて赤字を出してしまっては意味がないのでこのように書いているのでしょうか。
10位 keystonesapporoさん
  • 情報提供森雅之は、八紘学園で何を見たか 札幌時空逍遥keystonesapporoさんのプロフィール
  •  昨日ブログの続きです。 1951(昭和26)年公開の映画『白痴』で、豊平区月寒東の八紘学園がロケ地の一つになりました。主役を演じた森雅之は、 ある感慨を抱いたと私は想います。ひとことで言えば既視感です。では何に既視感を覚えたか。 学園内にある「栗林記念館」です。 建物の外観については下記札幌市サイトをご覧ください。 ↓http://www.city.sapporo.jp/keikaku/keikan/rekiken/buildings/building43.html 記念館の
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 sugikanさん
  • 情報提供「太良嶽大権現一の鳥居」復元 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
  • 「歴史の道観光・文化交流協議会」で「多良海道を往く」というパンフレットが昨年3月頃発行され、関係するところが、諫早観光物産コンベンション協会・太良町観光協会とあるので、諌早の方にもらいに行ったら、これが意外と面白く、特に下のページのところが目につき、一回でかけようと思ってはいたのですが、また山歩きかと思うと・・・で、この鳥居、明治7年8月の台風で倒壊したと「高来町郷土誌」に書かれあるそうですが、
12位 古文書たのしいさん
  • 情報提供慶安御触書15 子どもを人にやりなさい 現代語訳してみた古文書たのしいさんのプロフィール
  • 一 財産ができた者は別として、田畑を多く持っておらず生活が苦しい者は、子どもが多くいれば人にやったり奉公にも出したりして、生計の算段をよくしなさい。「生活が苦しければ、子どもを人にやれ」現代の価値観ではとんでもない話しですが、養子縁組が盛んにおこなわれていたことを考えると、さほど不思議ではないのかもしれません。しかも養子は親戚から迎えることが多かったようなので、まんざら血も涙もない話しではなか
13位 若狭坊さん
  • 情報提供今朝の勤行 若狭坊のまちづくり日記若狭坊さんのプロフィール
  • 数日後に48歳を迎える若狭坊です。職場では管理職の端くれになりました。でも仕事は変わりません。昨日のイライラは朝の勤行で静めます。まずは多田に向かい蔵王権現・開祖神変大菩薩・不動明王・薬師如来・多田満山の護法善神を南無南無菩提寺の興禅寺で釈迦如来とご先祖さまを南無南無何百年と生きてきた桂の木を南無南無若宮八幡宮で八幡大菩薩・陶器大明神・阿弥陀如来を南無南無ちょっと離れて若宮八幡宮越しに遠くの大峯満山
14位 いわき鹿島の極楽蜻蛉庵さん
  • 情報提供御代(みよ)の大仏さん いわき鹿島の極楽蜻蛉庵いわき鹿島の極楽蜻蛉庵さんのプロフィール
  •                                           分類:観                                       鹿島町を見て歩こう?       いわき市鹿島町御代字寺ノ入                  御代の大仏さん                                   
更新時刻:18/04/21 20:30現在