考古学・原始・古墳時代 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/06/28 10:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ぺんさん
  • 情報提供狐塚古墳 ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
  • 狐塚古墳は寺の前古墳のすぐ西側、山裾に存在する径15m、高さ3mほどの円墳です。現在は果樹園となっており、墳丘は石垣が巡らされており大きく改変を受けているようです。こちら墳頂部。現地案内板。石垣を登って(脆くなってたので崩さないようご注意を...)南側に回ると、横穴式石室が開口している場所にたどり着きます。全長8.2m、幅1.95m、高さ2.2mの規模があり、果樹園に改変されたため天井石が傾いているように見えます。石

2位
kame-naokiさん
  • 情報提供白石の石棺 カメさんと遺跡kame-naokiさんのプロフィール
  • 再び電車に乗り、伊豆長岡駅下車。本日の最終目標である白石の石棺に向かいます(2017年6月撮影)。この日は天候に恵まれ、景色も綺麗でした。住宅街の中に看板を見つけ、奥に進みます。ありました。とても大きいので驚きました。高さ約1.9mを測る組み合わせ式の家形石棺です。天井石は一部欠損し、正面には方形に穴があり、横口式の可能性もあるそうですが、実際に見てみると、何らかの理由で後世掘りぬかれたものではないかと思

3位
kokeganさん
  • 情報提供人類と恐竜との共存の証明 匠の美kokeganさんのプロフィール
  • これは、約20僂曚匹虜輯箏呂寮个忙匐,鮠茲擦洞?鯣瑤嵳穃気鮗娘妥に表現された物です。顔が恐竜で腕に翼があり、尾は羽になっていて、足、手も表現されています。人類が共にした翼恐竜です。ここまで、明解に表現して残した先祖人は、偉大です。人類が恐竜と共存していれば、巨石、世界のオーバーツ的な物の謎が解けそうです。下の赤い石も、同種の物です。https://www.blogmura.com/
4位 隊長さん
  • 情報提供番外29.中島みゆきの詞を古代史的に解釈してみた--卑弥呼としての中島みゆき 常陸国ふしぎ探険隊ーそれは天津甕星から始まった隊長さんのプロフィール
  • 古代史研究と中島みゆきに何の脈絡があるのか、不思議に思われるかもしれません。親父ギャグ解読法から始まったわれわれの古代史探求は、ついに稀代の吟遊詩人”中島みゆき”にたどり着いてしまったということです。(笑)ご存知のように、ことばの持つ「本来の」意味を考えることは、古代史研究の重要なポイントになります。この本来のという意味が思いのほか難しく、一般の漢和辞典ではすでに「本来の」意味が消されており、現在
5位 綾杉 るなさん
  • 情報提供歴史講座、ありがとうございました。 ひもろぎ逍遥綾杉 るなさんのプロフィール
  • 今日は香椎東公民館での歴史講座、「香椎が都だった頃」というタイトルで、仲哀天皇、神功皇后、そして安曇磯良を柱にお話ししました。沢山のご参加ありがとうございます。香椎宮の周辺には神功皇后の史跡が特に多く、謎に思っていた方も多かったと思います。講座を終えて、「点が線になりました」と話してくださる方もありました。今朝は香椎参道...
6位 ぺんさん
  • 情報提供天神塚古墳-鎌田塚古墳-田島稲荷塚古墳 ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
  • ??天神塚古墳天神塚古墳は笛吹市旧春日居町、平等川右岸の平坦地に存在する円墳です。現在天井石は奥壁付近に僅かしか残されていないものの、横穴式石室が良好な状態で保存されています。墳丘の規模は径35m、高さ4mほどで、現在は果樹園として利用されており石垣が3段設けられています。こちら現地案内板。当古墳から2kmほど北側にも同名の天神塚古墳が存在していますので混同しないようご注意を...。横穴式石室は無袖式で全長8m
7位 挂甲の武人さん
  • 情報提供弥生土器の発見地 文京区弥生 週末は古墳巡り挂甲の武人さんのプロフィール
  • 1884年3月2日、当時、東京大学予備門の学生だった有坂鉊蔵(しょうぞう)が根津の谷に面した貝塚から赤焼きの壺を発見した。翌日、東京大学の学生だった坪井正五郎、白井光太郎を現場に連れて行き、壺は坪井にあずけられた。後年になって、これが縄文土器とは異なるものと認められ、発見地の地名から「弥生土器」と名づけられた。弥生式土器発掘ゆかりの地。異人坂。根津小学校の裏。東大赤門。文京区 「弥生式土器ゆかりの地」碑「
8位 たっちゃんさん
  • 情報提供<烏孫起源説>中国二十四史ではどうして倭だけ「倭人」と表記するのか たっちゃんの古代史とかたっちゃんさんのプロフィール
  • 視線を感じて、ふと背後を見ると部屋に虫がいるみたいな、第六感の日常。6月21日は豪雨。今日は雨がスゴイなと思って、窓の外を見れば、ちょうど地面に何かモソモソと動く気配が。今回はまさかのカニ・・・。キャッチして撮影。まるで歩く宝石みたいでかわいい。そしてリリース。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久しぶりに、天皇と大和民族の烏孫起源説で展開します。「三国志」は創作された物語のほうは漫画ではよ
9位 挂甲の武人さん
  • 情報提供地蔵山古墳 厚木市船子 週末は古墳巡り挂甲の武人さんのプロフィール
  • 1977年に国道246号線バイパスの工事の際に発見された。国道の片側車線をトンネル(地蔵山洞門)にして保存した。前方後円墳。全長72m、後円部径36m、高さ7m、前方部幅24m、高さ4m。墳丘の形状から4世紀後半から5世紀中葉の築造。小田急線の愛甲石田駅から1.4km。前方部が北を向く。古墳の真下が国道246号線。後円部から前方部。にほんブログ村
更新時刻:17/06/28 10:30現在