考古学・原始・古墳時代 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/10/19 04:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
クーラーさん
  • 情報提供古代開発集落の生業 牧 花見川流域を歩くクーラーさんのプロフィール
  • 短期集中学習「奈良平安7開発集落の生業と消長」の最初の検討は生業のうち牧です。1 牧に関連する遺物及び推定最初に牧に関連する遺物をまとめてみました。牧に関連する遺物及び推定参考 遺跡位置以下簡潔に説明します。2 馬骨の出土白幡前遺跡の土坑から馬2頭分の骨と人骨が出土しています。また鳴神山遺跡の井戸から馬骨が出土しています。白幡前遺跡馬骨人骨出土土坑の様子白幡前遺跡馬骨人骨出土土坑の位置鳴神山遺跡馬骨出

2位
しずおかkさん

3位
しずおかKさん
  • 情報提供徳川家康が保護 神仏混交の建穂寺がはじまり 建穂神社  (静岡県静岡市葵区建穂271) 00shizuoka静岡観光おでかけガイドしずおかKさんのプロフィール
  • 静岡県静岡市葵区建穂の建穂神社(たきょうじんじゃ)は、白鳳年間(654〜669年)に法相宗(ほっそうしゅう)の道昭(どうしょう)法師が開いた瑞祥山 建穂寺(ずいしょうざん たきょうじ)がはじまりだとされています。奈良時代の養老年間(717〜723年)、聖武天皇の病気快復を願った道昭の弟子の行基が、観世音菩薩を彫って納め再興したという。後に建穂寺は、真言宗に改められました。静岡浅間神社の県指定無形民俗文化財 稚児舞は、建穂寺
4位 青松光晴さん
  • 情報提供古墳は語る(1)〜まずは古代墳墓の基礎知識から 日本古代史つれづれブログ青松光晴さんのプロフィール
  • ここまで、銅鐸、土器、という古代人の遺した文明の利器をみてきました。全国的な分布などを見ると、細かい点は置いておいて、大きな流れとして「西→東」という動きは確認できたと思います。次に、古墳をみてみます。何と言っても古代というと、あの大仙陵古墳などの、巨大な前方後円墳を思い出します。そしてそれが畿内に多くあることから、4世紀頃には大和朝廷が全国支配したという論拠になっているわけです。また邪馬台国畿内
5位 幾ちゃんさん
  • 情報提供生目22号墳(生目古墳群2)(前期)(宮崎県)Ikime22gou Tumulus (Miyazaki Pref. 古墳を動画で見るサイト幾ちゃんさんのプロフィール
  • 生目3号墳( すれば飛べます)をアップしたあと宮崎出身の若者に会う機会があったので古墳群のことを聞いてみました。生目の杜運動公園は部活で行ったことがあるけれど、古墳群は知らないとのこと。残念ですね。ここには墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州では古墳時代前期(3C央から4C後半)に限定すれば九州最大という貴重さです。古墳マニアにはよく知られた西都市の西都原古墳群
6位 竜神の庭さん
  • 情報提供心の休日  〜『祟り』からの逃避〜 竜神の庭竜神の庭さんのプロフィール
  • 雨の日もいいものだ 雨音が、人工音をかき消してくれる 過去の罪も、洗い流してくれるような気もする 滞在的罪悪感が、恐怖心に変わる 偶然の出来事が、自分への罰と思えてくる 他人の無関係な言葉さえも 自分への非難と思えてくる 古代に生きた人達は これを『祟り』だと言った そして、神仏にすがりついた 現代に生きる自分は 何にすがればいいのだろう 雨が降る日は そんな恐怖心を 少しだけ忘れさせてくれる 心
7位 竜神の庭さん
  • 情報提供いつかの夕日  〜竜が集う〜 竜神の庭竜神の庭さんのプロフィール
  • 2017年8月26日 諏訪盆地を覆った夕焼け 竜が集うがごとき雲の動き 「たたら」の火のように赤く染まった空を見て 眠りから覚めた竜神が空に舞う 現代も、古代も、そんな時空さえも飲み込んでしまうような空 この空の下、言葉は意味を持たない ただ感じるのみ 竜神の庭: 諏訪地方の中世城郭と古代遺跡 2017-05-29 Kindle本
8位 綾杉 るなさん
  • 情報提供RKBラジオ「古代の福岡を歩く」の収録でした ひもろぎ逍遥綾杉 るなさんのプロフィール
  • RKBラジオ「古代の福岡を歩く」収録でした今日はRKBラジオの番組「古代の福岡を歩く」の収録に行ってきました。これは毎週土曜日午後8時から30分の番組で、古代の福岡について案内する番組です。毎週あるのですが、月に二回、私の話が出ることになりました。『神功皇后伝承を歩く上下』を最初から順に話をするという、半年の企画です。今日の収録は忌宮神社からでした。R...
9位 踊る埴輪さん
  • 情報提供大我井経塚の発掘調査 熊谷市文化財日記踊る埴輪さんのプロフィール
  •  今は妻沼小学校の敷地となっている大我井森の中に、前回紹介した板碑と経塚がありました。この経塚について紹介します。妻沼経塚あるいは大我井経塚と呼ばれるこの経塚遺跡は、昭和32年9月に妻沼小学校の校舎造成工事に際して発見されました。不時発見の報告を受けた当時の町教育委員会と県教育委員会では、県文化財保護審議員でもあった熊谷市の小沢国平氏を急行させ、すでに多く遺物が発見されていた中、その重要性を理解さ
更新時刻:17/10/19 04:30現在