日本の伝統・文化 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/09/25 16:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
nkgwhiroさん
  • 情報提供だから、朝は素晴らしんだ つくばの街であれこれnkgwhiroさんのプロフィール
  • 赤と黄色の色合いを持つ植物。なんともめでたい限りです。この地はすでに春の趣。春の花が咲き誇り、スコールがあり、炎天下があり、そんな季節になっていくのです。孫の通う保育園の掲示板には、クリスマス・コンサート開催の張り紙がありました。10月に入ると、もう、この地ではクリスマスモードになっていくといいます。2歳の孫も、何かを歌うそうです。楽しみなことです。 その日は病院の待合室で時間を費やしていました。

2位
雨宮清子(ちから姫)さん
  • 情報提供粋と洒落の人生 力石に魅せられて 姫は今日も石探し雨宮清子(ちから姫)さんのプロフィール
  • 「いせ万」東京・神田多町の青物問屋「伊勢屋万次郎」の五代目。本名・大西浅次郎。明治七年(1874)生まれ。納札家・関岡扇令の言を借りれば、「柳橋、浜町、白山などの遊里へ足しげく通い、粋な遊びに興じ、また芸人をこよなく愛し …略…千社札の蒐集研究では、その右に出る者はなく、資料や古文書を納めた「いせ万文庫」は納札界において最も権威があった」 =「千社札」西山松之助監修、関岡扇令編 講談社 昭和58年=「遊

3位
雨宮清子(ちから姫)さん
  • 情報提供権威って何だろう? 力石に魅せられて 姫は今日も石探し雨宮清子(ちから姫)さんのプロフィール
  • 徳蔵の千社札コレクションの中に、考古・民俗学の研究家、山中共古の千社札があるのは、当然と言えば当然のことなのです。山中共古の名前がある千社札「浅草年中行事」です。「徳蔵コレクション」より上段右端に「山中笑(共古)」。下段左から2番目に江戸文字の高橋藤之助。右端の「寿多有」は、アメリカ人の人類学者、フレデリック・スタールです。「お札博士」と呼ばれていました。昭和8年、東京・聖路加病院にて死去。そして、
4位 やなぎしきぶさん
  • 情報提供歌枕 田子の浦 へ 文化と歴史Diaryやなぎしきぶさんのプロフィール
  •           「田子の浦港公園」より富士山を望むと・・  Ⅰ田子の浦ゆ うち出でて見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける                             山辺赤人(『万葉集』)      Ⅱ 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ                        山部赤人[『新古今集』冬(六七五)](田子の浦に船で出て、見渡してみる
5位 やなぎしきぶさん
  • 情報提供八乙女舞 文化と歴史Diaryやなぎしきぶさんのプロフィール
  • 『とは(ワ)ずがたり』 巻四 には、   後深草院二条が「鎌倉紀行」の途中立ち寄った「三島大社」での 八乙女舞について、次のように記されています。「神楽とて少女子が舞の手使ひも見馴れぬさまなり。 襌(ちはや)とて袙(あこめ)のやうなる物を着て、八乙女舞とて、三、四人立ちて入り違ひて舞ふさまも、興ありておもしろければ、夜もすがら居明かして、鳥の音にもよほされて出ではべりき」  (新編『古典文学全集』小学館
更新時刻:17/09/25 16:30現在